M.N.D

Masahiro Nakano Diary

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

モノクロの目を持つと言う事 in 京都

DPP07D70109012536.jpg

Canon EOS 5D EF28-70mm

はい、どもども。
中野でございます。

ここ何日かで自分の変態さ加減も良く分かっていただけたかと思います。笑
今日は、ちょっと真面目に写真の事でも。
一応写真撮ってご飯食べてますんでたまには良いんじゃないでしょうかね、真面目でも。

よく「モノクロの目」って写真玄人の方やカメラマンの人達が言いますね。
あっ・・・言うんですよ変ですけど。
現実人間の目は、カラーで見えていますよね。
これを頭の中でモノクロに変換するんです。
カラーの写真は、色があるんでごまかしが効くんですが
モノクロになると白から黒へのグラデーションだけで見せる必要があります。

ここは、人により違うんですが自分は光と影だと思うので
光に対して逆光・半逆光に立つ事が多い様です。
フラットめの光だとネムくなってモノクロだとあんまし・・・ってことが多いんですよね。

写真始めた頃は、モノクロばかり撮って自宅で焼いてました。
この頃に感じた事が今も自分の中にあります。
言葉で言ってもなかなか伝わらないので写真を。

DPP07D70109012215.jpg

Canon EOS 5D EF85mm

朝のキラキラ鴨川です。
なんだかんだ考えても結局こっち側に立たないとシャッターが切れないみたいです。
これも完全逆光の位置にいます。

人それぞれモノクロの美的感覚はありますが色の無い世界でどう見せるか。
結局は、これになってしまうんですね。
モノクロは、ほんと難しいと思います。


今日は、ちょっとカメラマンらしい?そんな中野に一票お願いします。←クリック
  1. 2007/01/09(火) 02:09:38|
  2. お散歩写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<最近の癖 | ホーム | ガラスに写った京都小道>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://luceluce.blog31.fc2.com/tb.php/375-1efc1702
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。